妊娠初期にとりたいおすすめのサプリメント 葉酸以外には何が必要?

妊娠初期サプリメント【ランキング】コレを飲むべきおすすめサプリ&危険成分

 

 

日本の産婦人科医が妊婦に、積極的に葉酸の摂取を呼び掛けている現状と同じように医療先進国の欧米のクリニックや医療機関では、オメガ3の摂取は当たり前の様に薦められ今もなお妊娠とオメガ3の関係性の研究*が進んでいるほど、オメガ3が妊婦に必要な栄養素であることが浸透されています。
(*アメリカのハーバード大学が実施した12万人の女性看護師を対象にした「Nurses Health Study(看護師健康調査)」)

 

通称「命の脂」とも呼ばれるオメガ3必須脂肪酸は、人間の細胞や脳、目の網膜や臓器、そして子宮や妊娠期などに重要な栄養素!

 

その中でも、オーガニックや植物由来のオメガ3は、魚由来のものに比べ、一部の魚に含まれる水銀の恐れもなく、
その安全性の高さが欧米の品質重視派ママに選ばれる理由。

 

日本では葉酸と並びに妊婦に必要不可欠な栄養素として認識されるようになりつつある。
マターニティ市場において、オメガ3ブーム到来の予感。

 

↓クリックして詳細をみる

 

「MamaOmega(ママオメガ)」は、オーガニック&植物由来のオメガ3を516mg*1配合!
子宮の環境を整えて、妊娠しやすい体へサポートしたり、産まれてくる赤ちゃんの発達や、
さらに母乳による赤ちゃんの発育・成長をサポートするなど、嬉しい効果盛りだくさん!
厚生労働省推奨モノグルタミン型葉酸480?*2も配合!
「オーガニック&植物由来のオメガ3」&「モノグルタミン型葉酸」、
この2大成分が国産ママサプリで摂れるのは「ママオメガ」が初!
*1・2 国内最高基準*当社調べ 2017年10月現在

 

また、10の無添加(魚由来のOMEGA3不使用、トランス脂肪酸フリー、ショ糖脂肪酸エステルフリー、
合成香料不使用、合成保存料不使用、合成着色料不使用、防カビ剤不使用、膨張剤不使用、石油系原料不使用、人口甘味料不使用)、
残留農薬・放射性物質・水銀&重金属類試験済みで、デリケートな時期だからこそ、品質に徹底的にこだわった。

 

更に、吸収率の高いヘム鉄&カルシウムも配合。ビタミン類13種、ミネラル類12種、ビタミンCやクエン酸、ポリフェノールを多く含む栄養価の高いスーパーフードの配合で、体質の変化でボロボロになりがちな健康・美容面を全面サポート!オリゴ糖及びヒハツの配合で便秘と冷え症対策もばっちり。

 

飲みやすい小さい粒、衛生で持ち運びやすい分包でいつでもどこでも気軽に摂れるのもうれしいポイント。

 

↓クリックして詳細をみる

 

 

妊娠初期に大事な栄養素

妊娠初期サプリメント【ランキング】コレを飲むべきおすすめサプリ&危険成分

 

おめでたが分かり、嬉しいはずなのに妊娠初期で不安がいっぱいだと思われる方で、特に初産の方は、初めてだらけで分からないことが多く悩んでいる妊婦さんも多いはずです。

 

そこで、お腹の赤ちゃんの為に、妊娠初期に摂りたい大事な栄養素などについて、ご紹介したいと思います。

 

1.妊娠初期に摂りたい葉酸

妊娠初期サプリメント【ランキング】コレを飲むべきおすすめサプリ&危険成分

 

葉酸は、水溶性のビタミンBの1種です。
妊娠初期は、葉酸の摂取を推進されている時期です。

 

1941年にほうれん草から発見されて、葉はラテン語で「folium」と言うことから「folic acid」と名付けられ、それを和訳し日本では「葉酸」と呼ばれていて、厚生労働省では妊娠1ヶ月以上〜妊娠3か月に対し食事から摂れる葉酸480ugを毎日継続して摂取するように呼びかけています。

 

妊娠初期の妊婦さんに積極的に葉酸を摂る必要があるのか?
@ 赤ちゃんの先天性障害のリスクを下げる。
A 流産のリスクを下げる
B 妊婦さんの貧血予防

 

妊娠初期のつわりで辛い妊婦さんは、無理せずに出来る範囲で葉酸を摂るようにしましょう。

 

葉酸が多いお勧めの食材は、ほうれん草・ブロッコリー・えのき・モロヘイヤ・かぼちゃ・枝豆・納豆・焼きのり・バナナ・いちご・みかん・キウイ・アボカド・ほたて・うに・エリンギ・まいたけですが、葉酸を失われないように、熱をあまり使わない蒸し料理がお勧めです。

 

ベルタ葉酸サプリなら
必要な栄養が取れます

 

 

2.妊娠初期に摂りたいビタミン

妊娠初期,サプリメント,おすすめ,ランキング
◆ビタミンC
胎児にとって、脳や血管、骨の形成に欠かせない物です。
食材:赤ピーマン・レモン・柿・キウイ・ブロッコリー・アセロラジュースです。

 

◆ビタミンB6
妊婦さんのつわりを緩和する効果があります。
食材:にんにく・まぐろ・かつお・鶏ひき肉・いわし・鮭・鶏ささみ・鶏むね肉・大豆・プルーン・干しぶどう・バナナ

 

◆ビタミンB12
赤ちゃんの脊髄、中枢神経系の成長を促す効果があります。
食材:しじみ・すじこ・あさり・いわし・牡蠣・たらこ・さんま

 

特にここに挙げたビタミンは特に必要とされているので、意識して摂るようにしましょう。

 

ベルタ葉酸サプリなら
必要なビタミンが取れます

 

3.妊娠初期に摂りたいDHA

妊娠初期サプリメント【ランキング】コレを飲むべきおすすめサプリ&危険成分

 

DHA(ドコサヘキサエン酸)は青魚やマグロなどの魚油に含まれています。

 

妊娠初期にDHAを適切に摂る効果
・ 早産率の低下
・ 生まれた子供の喘鳴・喘息リスクの低下

 

DHAが多く含まれている食材
マイワシ・はまち・マアジ・サンマ・かつおで、マアジ・サンマ以外は加熱調理をすると魚油が落ちて減少してしまうので、煮汁なども一緒に食べることで効率よくDHAを摂れます。
サバの水煮やサンマの蒲焼といった魚の缶詰を利用するのも1つの方法です。

 

妊娠初期のあなたは胎児の期間が正常に形成させるように多くのDHAが必要になりますので、あまり青魚が好きではない方にはDHAを含むサプリメントを活用する事をお勧め致します。

 

ベルタ葉酸サプリなら
必要なDHA・EPAが取れます

 

 

4.妊娠初期に摂りたい鉄分

妊娠初期サプリメント【ランキング】コレを飲むべきおすすめサプリ&危険成分

 

鉄分はお腹の赤ちゃんに十分な栄養や酸素を送ってあげるために必要な成分です。

 

妊婦の3人に1人は貧血症状が出ると言われるくらい妊娠中は鉄分が不足しがちです。

 

その為、赤ちゃんの発育が悪くなったり、お産の時に微弱陣痛や、出産時の血圧低下などのトラブルを招きかねないので、以下の食材を摂るように心掛けてください。

 

豚レバー・鶏レバー・牡蠣・牛もも肉・あさり・しじみ・大豆・小松菜・切り干し大根・ほうれん草・高野豆腐・納豆です。

 

ベルタ葉酸サプリなら
鉄分20mgが取れます

 

 

5.妊娠初期に避けるべき成分

妊娠初期サプリメント【ランキング】コレを飲むべきおすすめサプリ&危険成分
アルコール・タバコ・生卵・生肉・カフェインを含む飲料・インスタント類・レトルト商品・揚げ物・ビタミンAの過剰摂取です。

 

お腹の中の赤ちゃんの成長を妨げない為に、これらの食材は避けるようにしてください。

 

 

妊娠初期にとりたいサプリメント まとめ

妊娠初期サプリメント【ランキング】コレを飲むべきおすすめサプリ&危険成分

 

以上で「妊娠初期に大事な栄養素」についてでした。

 

赤ちゃんを授かった事で、妊娠初期の妊婦さんは、味覚が変わったり、体調不良など、体は徐々に変化してきます。

 

不安な気持ちになったり、つわりが酷かったりと、私も2人の娘を持つママなで、1人目の時は、酷いつわりを経験しとても辛かったのを覚えています。

 

そして、厚生労働省からは、食材に加えて妊婦さん用の栄養補助サプリメントも摂る事を推奨しています。

 

妊娠初期は、赤ちゃんの身体が出来る大事な時期でもありますので、出来る範囲でかまわないので、赤ちゃんの成長の助けとなるような栄養を摂ってあげたいですね。

 

上記に挙げた食材を参考にしていただいて、これから元気な赤ちゃんが生まれますように願っています。

 

↓オメガ3脂肪酸がとれるサプリメント